千葉で通信制高校という選択

テキストやビデオを見ながら行う自己学習に近いもの

高校の正式な教育を受けることができるのが通信制高校 / テキストやビデオを見ながら行う自己学習に近いもの / 目指す資格から選ぶこともできます

このような定時制に通うのも難しいような人向けの教育制度として通信制高校があります。
通信制高校といっても、まったく登校しなくても良いというものではありません。
基本的には授業は通信手段を用いて行うというもので、学びについてもテキストやビデオを見ながら行う自己学習に近いものです。
しかし、自己学習と違うところは、スクーリングと呼ばれる登校日が設定されています。
スクーリングでは、教師からの授業を受けるほかレポートの提出やテストを受けるというもので、これにより単位を取得することができ、一定の単位を集めることで高校卒業資格を得ることができるというものです。
スクーリングは通信制高校ごとに考え方が異なり、週に数回程度通うといったものと年1回だけ一定期間合宿に参加するといったものがあります。
週に数回通うような場合には、近隣の学校施設を使ったりして行いますが、合宿の場合には遠方の学校施設を使って行うことも多いものです。
全日制や定時制では入学時期は春が多く近年では秋入学も増えていますが、通信制でも同様の傾向にあります。
ただし、一度の複数の生徒が同時に授業を受けるというわけではありませんから、随時募集といったところもあるものです。
在籍期間についてはすべての課程を行うためには3年以上の在籍期間が必要とされています。
このため3年と設定しているところが多いですが余裕をもたせて4年以上としているところもあるものです。