千葉で通信制高校という選択

高校の正式な教育を受けることができるのが通信制高校

日本の義務教育としては中学校までで、高校はこれに含まれていません。
しかし、現代の日本においては高校卒業程度の能力がなければ十分な職場に付くことができませんし、また資格を得るといった面でも不利です。
大学に進むにしても高校卒業程度のレベルになければ受験資格を得ることができません。
特に教育授業料も無償化もあってほとんどは高校に進学するものです。
しかし、学校というのは単に学ぶという場所ではなくコミュニケーションを行う場所でもあり、他の人たちとの関係もあります。
高校に進みたくてもコミュニケーションに問題があって十分に学ぶことができないという人もいるものです。
また教育授業料の無償化が行われてもそれ以外にかかる出費は大きなもので、家庭の問題で働かなければならないという人もいます。
このような人たちに対して高校の正式な教育を受けることができるものが通信制高校です。
高校の種類には通学しながら学ぶ全日制と定時制があり、全日制は文字通り日中に決められた時間だけ授業を受けます。
また定時制は、1日中ではなく時間ごとの授業を受けるというもので、違いとしては全日制が出席日数単位であるのに対して定時制では出席時間単位となるものです。
一方で、全日制にしても定時制にしても通学をする必要があります。
コミュニケーション能力が十分でない人にとっては障害となるものですし、また定時制は主に夜間に行われていますが、住んでいる場所の近くになければ通学しなければならず、働いている場合には不利です。

fresh配信準備、中島先生ありがとうございました。


宮崎東高校・通信制
『三月の 空に』
3月21日 12時30分配信開始です🌸

通信制高校の〝高校卒業〟の重みを描いたはずが、
まさか3月に
日本中が卒業の意味を考える事態になろうとは、、。


ぜひご覧ください🌸https://t.co/v3002ZEhNj

— 宮崎の高校演劇 (@engekimiyazaki) March 15, 2020

高校の正式な教育を受けることができるのが通信制高校 / テキストやビデオを見ながら行う自己学習に近いもの / 目指す資格から選ぶこともできます